1. 無料アクセス解析

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
武富士とアコムを完済したその足でアイフルに取引履歴の開示請求に行って来ました。

アイフルは平成18年11月に完済しています。
最後の平成17年1月からはカードは廃棄して借り入せず、銀行振込みで返済していました
振り込みだと領収証が交付されません、「次回返済額」「残高」が判らないので定額で払い続けていたら完済したようで、完済はアイフルからの電話で始めて知りました。

そんなので最後の返済が多すぎて預かり金15,444円を返金したいと言っていましたが、何となく足が向かず放置していました。

今回はこれを回収し取引履歴の開示請求をしました。
2~3日で草津のアシストセンターから料金後納郵便で『契約書』と『計算書』(取引履歴の)が届きました。
完済していましたが、解約手続きをしていなかったので『契約書』も同封されていました。
『契約書』には 解約 の文字はありません。
やはり完済済みでも解約の申し出は必要ですね、もし開示請求しなかったらいつまでもそのままでした。

完済済みでも契約書を返してもらってない方は、そのまま過払い請求せずに解約の手続きをした方が安全ですね。
これが『契約書』です
↓ ↓ ↓ クリック
アイフル契約書

『計算書』には最初にこんな紙がついていました。
アイフル契約書表紙
『途中完済があったら一連一体は認めないかもよ』と言いたいのでしょうか、
履歴開示する人間 = 間違いなく過払い請求すると決め付けているのでしょう。
過払い請求をあきらめさせようと牽制のつもりでしょうか。
余計に燃えます。

アイフル計算書
行間も広く借入と返済も別の列なのでアコムに比べれば見やすいです。
ですが、日付以外は何も記載されていません。

平成18年1月から返済金額が29,999円と中途半端なのは、振込み手数料が30,000円以上だと高くなるためです。

最後の入金額が-15,444円なのは払い過ぎで返金された分です。
最後の行には合計があります、武富士・アコム・プロミスはありません。
1,558,000円借りて、2,500,382円を返済してます、
942,382円も利息を払ってました。

さて、いくら位が返還されるでしょう楽しみです。

皆さんからのコメントお待ちしています。
ブログ・ランキングに参加しています。1日1回、” ポチ ” してくれると嬉しいです
Blog Ranking

スポンサーサイト
名古屋消費者信用問題研究会 様 利息計算ソフトを使用しています。
アイフル計算書

アイフル引き直し

上段)アイフルの取引履歴明細書と(下段)利息計算ソフトの項目を対比してみます。
※1
貸付日
入金額
期間
利率
※2
貸付金額
追加金額
※3
入金額
利息
元金充当
残高
未収金
年月日
  
借入金額
弁済金額
    


 年月日 には ※1 貸付日/入金額 を
借入金額 には ※ 2 貸付金額/追加金額 を 
弁済金額 には ※ 3 入金額 を
それぞれ最終取引の日まで、転記します。 

最終の取引がマイナス取引(払い過ぎの返金など)の場合は修正が必要です。
ソフトの計算式はこのようなケースに対応していないので、「未払利息」に同額のプラスとして計算されてしまいます。
手動で消す必要があります。
アイフル引き直し修正
訴状提出時に書記官に指摘され、訂正させられました。

利率は一番最初の行に
・元本が10万円未満の場合           ⇒ 20%
・元本が10万円以上100万円未満の場合  ⇒ 18%
・元本が100万円以上の場合           ⇒ 15%
と入力します。
途中で過払い元金が減って、18%から20%のランクになっても変える必要はありません。

武富士・アコムの例では『過払い元金が20%から18%、18%から15%のランクになったら、 その日から金利を変えてください。
この辺はソフトの「使い方」に詳しく書いていますので確認して下さい。』
と書いていましたが、私は元本が10万円未満でも最初から18%で計算しています。
これは、極度額で利率が適用されるかどうかの議論になります。
諸説ありで明確な答えを見つけられませんでした。
どうなるか分かりませんが、金額は多めに書いた方が減って元々、上手くいけばそのままくらいのつもりで18%のまま行きます。 

初日算入 は業者によって違いますが、私は初日不算入で計算しました。 

過払い利息は5%をチェックします。 

最後の行には過払い請求書に記載する請求日を入力します。
これで請求日までの利息が計算されます。


皆さんからのコメントお待ちしています。
ブログ・ランキングに参加しています。1日1回、” ポチ ” してくれると嬉しいです
Blog Ranking
アイフル引き直し

1.最終取引日(平成20年5月1日)までの計算

701,254円 + 85,052円 = 786,306円 満5(過払い元金満額と5%利息)が返還されるべき合計です。

過払い金チェッカーでの予想が5%の過払い利息込みで 445,123円でしたので
過払い金チェッカーより341,183円多い計算です。



2. 過払い金返還請求書の発送日(5月18日)までの計算

⑦-a 86,680円

過払い金返還請求書には
 701,254円+ ⑦-a 86,680円 = 787,934円 満5+5 で請求します。



3. アイフルから振り込まれる日付までの計算(裁判で勝訴した時)

仮に裁判で勝訴し、振込み日が 平成20年10月10日 だとすると、
利息はさらに 102,483円 まで増えます、1日当たりは約109円の利息です。

訴状に書く時はサラ金からの支払日が確定していないので、
「平成●●年●月●日(最終日の翌日)から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え」
などと書きます。

皆さんからのコメントお待ちしています。
ブログ・ランキングに参加しています。1日1回、” ポチ ” してくれると嬉しいです
Blog Ranking
請求書に記載する金額は
過払い元金: 残元金の 701,254円(H20年5月1日完済日)

過払い利息:⑦-a 過払い利息残高の 86,680円(H20年5月18日までの利息)

この合計 ⑤ + ⑦-a = 787,934円 が合計請求金額です。

過払い金返還請求書のテンプレートを用意しましたので当てはめてみると分かりやすいと思います。
テンプレートはこちらから ← クリック

次の「過払い金返還請求書」発射はここをクリック

皆さんからのコメントお待ちしています。
ブログ・ランキングに参加しています。1日1回、” ポチ ” してくれると嬉しいです
Blog Ranking
請求書発送後7日目 アイフルから電話がありました。
当社はみなし弁済が出来ていると考えている。」そうです。
和解金として694,132円
外室中だったので後日かけ直すことにして4日後に電話しました。

「和解額は最大694,132円最小350,000円です。」
何か変です。最小の350,000円て何?って感じです。
また「当社のほうから悪意とはいえない。」そうです。

提訴決定!!です。

アイフルは和解額を5%の利息を元金に算入しない過払い元金の50~100%で言ってきます。

皆さんからのコメントお待ちしています。
ブログ・ランキングに参加しています。1日1回、” ポチ ” してくれると嬉しいです
Blog Ranking

第1回口頭弁論で渡されたアイフルの答弁書を見てみます。

アイフルの答弁書PDFと訴状PDFはここをクリック ← ←

訴状テンプレはここをクリック ←


法廷文書ってヤツは法律用語や言い回しが独特で、判りづらいです。
一般語に置き換えてみてみると自分のような素人でもわかり易くなります。
普段、あまり使わない単語や法律用語を に書いておきます。 

 

請求の原因第1は、「被告らは~省略~受けている。」のうち「高金利」を除いて認める。
その他、原告については不知。  
⇒ 高金利ではない、原告のことは知らない。
 ※「不知(ふち)」とは「知らない」と言う意味

請求の原因第2は、「取引年月日」・「借入金額」・「弁済額」のみ認めるが、その余は不知乃至争う。 

⇒ 「取引年月日」・「引き直し計算書」の「借入金額」・「弁済額」は認めるけど、法定金利での過払い元金から過払い利息は知らないので争う。

※法律用語で「乃至(ないし)」とは文字通り「○○から△△まで」の範囲を意味します。
  日常使用する「ないし」=「または(or)」でも「かつ(and)」でもありません。

請求の原因第3は、争う。
⇒ 不法行為(告知義務・架空請求)はではないよ。
 
請求の原因第4は、争う。
⇒ 不法行為による損害(=過払い金)はないよ。

請求の原因第5は、争う。
⇒ 悪意の受益者ではないよ。

請求の原因第6は、争う。
⇒ 慰謝料100万円は払わないよ。

 請求の原因第7は、争う。

⇒ 損害賠償金70万1254円+利息5%・慰謝料100万円は払わないよ。

 

 請求の原因第8は、争う

⇒ 過払い金70万1254円は不当利得ではないよ。


 請求の原因第9は、争う。

⇒ 悪意の受益者は争うよ。


 請求の原因第10は、争う。

⇒ 慰謝料100万円は払わないよ。


 請求の原因第11は、争う。

⇒ 過払い金70万1254円+利息5%・慰謝料100万円は払わないよ。


要は、借入と返済以外は殆ど争うって事。

その理由は、

<主意的請求>=不法行為による損害賠償について、

第1に、
いちいち原告個人の引き直し計算はし無いので、過払い金の発生は知らない。

顧客全員に対してもみなし弁済(貸金業法43条1項)が成立しているとの認識だから、
悪意の受益者ではない。

第2に、
貸金業法と関係法令では、利息制限法での制限利率で計算した債権管理までは求められてないし、
それを言わないからって、貸金業法業法12条の6禁止行為不利益不告知)に抵触はしない。


※貸金業法第12条の6(禁止行為)


貸金業者は、その貸金業の業務に関し、次に掲げる行為をしてはならない。

  1. 資金需要者等に対し、虚偽のことを告げ、又は貸付けの契約の内容のうち重要な事項を告げない行為
  2. 資金需要者等に対し、不確実な事項について断定的判断を提供し、又は確実であると誤認させるおそれのあることを告げる行為(次号に掲げる行為を除く。)
  3. 保証人となろうとする者に対し、主たる債務者が弁済することが確実であると誤解させるおそれのあることを告げる行為
  4. 前3号に掲げるもののほか、偽りその他不正又は著しく不当な行為為) 


 

 

 

 

 

 

 

判例で示すと、
 最高裁平成2年1月22日判決では、債務者が利息として任意に支払ったというのは、
法定利息を超えていても、契約に基づく利息(29%)として任意に支払うことを認識していれば、法定金利の超過利息である事を当人でさえも知らなくていいと言っている。

ということは、
本人すら知らなくて良いのだから、告知する義務もないから、不法行為にもならない。
それどころか失当だよ。
※「失当(しっとう」とは当を得ていないこと。適当でないこと。また、そのさま。など。


第3に、
出資法の利率は越えてないので法ではない

任意に支払った場合は、利息制限法を超えて受領する事を認められてる。

架空請求とは、想像の請求という意味だから、金銭消費貸借基本契約という事実に基づいた契約は架空請求とは言えない。

ヤミ金に比べて、43条のみなし弁済が認められるように努力している健全なアイフルが、仮に「悪意の受益者」と認められても、社会的に損害賠償するほどの不法行為はしていないよ。



<予備的請求>=不当利得返還請求について、

みなし弁済の主張は放棄するので、利息制限法所定利率で再計算することに応じる。(和解するよ)

でもみなし弁済の不成立を認めたわけではないじゃないから。



と、大体こんな感じの事を言ってます。
こんな風に置き換えると大分わかり易くなります。

今だ、みなし弁済を主張してるし、ヤミ金を引き合いに出すあたり、低脳社員あたりが、苦し紛れに引っ張り出した感じです。
(まともな)法務担当や弁護士が書いたものではないですね。

しかし、突っ込みどころ満載の低脳文ですね。
次回はどの辺りをどう反論するか考えて見ます。 


皆さんからのコメントお待ちしています。
ブログ・ランキングに参加しています。”ポチッ”と応援が多いとやる気が出ます。
Blog Ranking

借金は身を滅ぼす

コメントでこんな私のブログを参考にして下さってる方がいる事を知りました。
ほぼ実況中継が2ヶ月近く遅れた内容になっていますので、役に立てるよう頑張って更新します!

前回のアイフルの答弁書に対し、準備書面でどこを攻めるかを考えてみます。
素人考えですが、これが通用するのか、法的な根拠や立証はどうするのかはここから考えることにします。

訴状PDFはコチラ ←
答弁書PDFはコチラ ←

訴状のの請求は、  
メイン:<不法行為>での損害賠償と慰謝料
サブ:<不当利得>での過払い金と慰謝料
です。

これに対し、答弁書では  
<不法行為>は争い、
<不当利得>では和解金額の提示は在りませんが、和解を希望していると理解できます。


上段がアイフルの主張です。
下段が自分なりの反論です。

みなし弁済は成立している認識。
  • みなし弁済規定の適合の立証はサラ金側にあるので、立証するなら17条書面・18条書面(契約書・領収書)の全てを提示せよ。
  • 認識を主張をしているだけで、なんら立証していない。

最高裁平成2年1月22日判決で、利息制限法超過利息である事を当人でさえも知らなくても良いと言っている。
  • 最高裁平成2年1月22日判決は、
    最高裁平成18年1月13日判決、最高裁平成18年1月19日判決、最高裁平成18年1月24日判決、で「特段の事情」がある場合に限定された、本件は該当しない。
  • 包括契約書には「期限の利益喪失」条項がある。
    これにより約定利息の支払いを怠った場合は、一括で返済しなければならいと思わされ、支払いをしたのだから、約定利息の支払いを事実上強制しているので任意の支払いとは言えない。
  • よって、貸金業規制法43条の要件の全てを充足していないので「みなし弁済」の成立する余地は全くない。

※ 期限の利益喪失とは? ←クリック
※ 貸金業規正法43条のみなし弁済規定とは? ←クリック

本人すら知らなくて良いのだから、告知する義務もないから、不法行為にもならない。
  • アイフルはみなし弁済の適用を受けているので、本人すら知らなくて良いと主張している。
  • 言い換えるとアイフルはみなし弁済の適用が受けられないのであれば、告知する義務があり、不法行為にあたる。とも言える。
  • すなわち事実上の強制による支払である本件は、みなし弁済の要件を満たさず告知義務があり不法行為が成立すると言える。
  • そもそも、みなし弁済が成立しない原因は17条・18条の要件を満たさないで取引を続けたアイフルにあるから、支払い義務のない約定利息であることを告知する義務がある。

任意に支払った場合は、利息制限法を超えて受領する事を認められていて、出資法の利率は越えてないので違法ではない。
  • 任意の支払いとならない事は上記のとおり。
  • 利息制限法は強行法規である。
    出資法利率で合意したとしても、みなし弁済が成立していないのだから強行法規に違反して無効である。

※ 強行法規とは? ←クリック

金銭消費貸借基本契約という事実に基づいているので架空請求とは言えない。
  • 契約があったか否かの事実が、架空請求か否かの論点ではない。
    (アイフルの論点のすり替えです)
  • アイフルは貸金業の実務に精通する登録貸金業者である。
    その登録貸金業者は当然に関連法規や判例を熟知しているのであり、当然に受額する権限が無い支払いであることを知っていて然るべき。
  • 原告は素人であり、貸金業務に精通していない。
    アイフルは原告が知らないことをいい事に、上記の告知義務があったにも関わらず、告知せず、あたかも残元本が存在していることを装い弁済を請求し受領した。
  • だから利息制限法での利率で支払った場合で残元本が0(ゼロ)になった以降は、架空請求となる。として不法行為が成立する。(包括契約自体は不法ではないと思います)

※不法行為による損害賠償とは? ←クリック

43条のみなし弁済が認められるように努力している健全なアイフルが、仮に「悪意の受益者」と認められても、社会的に損害賠償するほどの不法行為はしていない
  • 努力している事を理由に、不法行為とならない論理は意味不明。
  • 不法行為は故意だけでなく過失でも成立するのだから、努力をしている事で不法行為を免れることは出来ない。
  • 債務が無いことを知りつつ、理由の無い支払を受け取った事は架空請求であるから、不法行為である。
    このような行為は、アイフルが貸金業登録業者であることから見ても、免れない不法行為(財産権の侵害)であり、その損害を賠償するに値する社会相当性を著しく欠く行為である。



こんな感じかなぁ?
皆さんはどう思いますか?

皆さんからのコメントお待ちしています。
ブログ・ランキングに参加しています。”ポチッ”と応援が多いとやる気が出ます。
Blog Ranking

借金は身を滅ぼす

前回、アイフルの答弁書の攻めどころを考え、いよいよ準備書面作成!
と思っていましたが、和解してしまいました。

バトルを期待してた皆さんゴメンナサイ

第1回口頭弁論後の9月中旬にアイフルから和解提案の電話がありました。

アイフル 「和解金85万円で和解していただけないでしょうか?」
      「振込みは今からですと手続き等で10月17日になってしまいますが。」

      凄く低姿勢です。

カンリショク 「出先なので、今返事できません。」

アイフル 「では明日またお電話させていただいてよろしいでしょうか?」

カンリショク 「いいですよ、じゃあ、明日返事します。」



プロミスの時は満5+5は取れましたが、費用まで含めると数千円のマイナスでのでしたので今回は慎重です。
帰って金額をチェックします。
過払い金と10月17日までの利息の合計は、803,835円

ここまでの費用と第2回口頭弁論調書送付費用は、16,044円の見通し。

判決で請求できる日当や訴状作成の費用は、2,679円

合計822,558円

850,000円との差はプラス27,442円

27,442円の慰謝料相当額です。
迷いましたが、和解する事にしました。


そして翌日、
アイフル 「和解の件は検討いただけたでしょうか?」
       凄く低姿勢です。

カンリショク 「いいですよ、85万円で和解します」

アイフル 「それで~、やっぱり最初は20%ではダメでしょうか?」
      甘やかしたので付け上がりました。

       (これは元金が20ヵ月後まで10万円未満だったからで、利息制限法では
        20%の金利で良い事になっているからです。私は18%で計算しています。)

カンリショク 「ダメです!」

アイフル 「分かりました、では振込口座を教えてください。」
      「和解内容を第2回目の期日に答弁書として提出しておきます。」


カンリショク 「分かりました、受諾しますと答えておきます。」


後は、第2回口頭弁論で受諾して終了となります。
折角、準備書面を考えたのに勿体無い気もしますが、アコムと武富士で使わせてもらいます。

アイフルで、分かったこと
不法行為でも、2回目までは争わない。
不法行為なら、2回目までに上乗せして和解する。


アイフル相手なら、少なくとも満5+5+訴訟費用は取れそうです。
アイフルは不法行為で損害賠償!
これおススメです。


皆さんからのコメントお待ちしています。
ブログ・ランキングに参加しています。”ポチッ”と応援が多いとやる気が出ます。
Blog Ranking

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
借金は身を滅ぼす

全情連で開示した信用情報の完済日が実際の完済日と一年以上違うことを、アイフルに確かめました。

カンリショク 「(全情連)の完済日が実際の完済日と違う日付となっているのは
        何故ですか?
        和解する事になってましたけど、納得いかないので受諾しません。
        金融庁へ指導をお願いするかもしれません。」

        相当強気です。


アイフル 「申し訳ございません、早急に調べて連絡します。」(多分、涙目)

後日、
アイフル 「取引履歴の請求で来社時に、預かり金1万5667円を返金させていた
       だいたので、その日を誤って登録したようです。
       早急に修正します。」


カンリショク 「では、修正が出来た事を確認したいのですが、開示費用が掛かるの
        で修正が終わったら連絡下さい。その後、開示請求してコチラで確認
        します。確認できたら、和解の受諾をします。」
        「和解書にも情報の修正をする旨を追加して下さい。
        それで無ければ前回承諾した和解は第2回口頭弁論で受諾しません。」


アイフル 「はい、ではすぐに修正して、済みましたらすぐにお電話差し上げます。
       和解書にもその旨を追記しますのでよろしくお願いします。
       大変申し訳ありませんでした。」


平身低頭でおそらく涙目です、後日修正を知らせる着信が何度もありました。

アイフルは業務停止も多いので、

「金融庁」の一語は効き目抜群です。


担当も一旦和解となったものが覆るのは社内での立場も悪くなるのでしょう。
まぁ、完済解約済みなのでネガティブな情報にはなりませんが、バカサラ金とは今後一切関わりたくないので信用情報からも早く消えて欲しいです。

例え、解約していても情報が正しく登録されているかは判りません。
解約済みでも信用情報は確認することをおススメします。
バカサラ金ですから、間違えると思った方が安全です。


皆さんからのコメントお待ちしています。
ブログ・ランキングに参加しています。”ポチッ”と応援が多いとやる気が出ます。
Blog Ranking

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
借金は身を滅ぼす
2008年10月2日 第2回口頭弁論当日、
アコムに行く前に先にアイフルについてです。
複数同時提訴は時間の節約になりますね、楽です。

プロミスは第1回で和解受諾したので、今回は、

武富士は欠席なのでスルー
アイフルの和解受諾
アコムの弁護士とガチンコ対決

となります。


裁判長
 「アイフルから、10月31日を支払期限として和解金85万円を支払う。信用情報機関の完済日を修正する。との和解提案が来ていますがどうしますか?」

カンリショク 「はい、受諾します」


事前の和解交渉の通りです。
27,442円の上乗せですから及第点です。
これで、アイフルの裁判は終了です。
後は第2回口頭弁論調書(和解)の到着と入金されるのを待つだけです。

2件目終了!

不法行為での提訴をスタンダードにしたい!
皆に知ってもらい払いすぎを取り返して欲しい!
応援”ポチッ”とよろしくお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓

Blog Ranking

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
2008年10月2日 第2回口頭弁論の2日後、
10月4日にアコムの第2回口頭弁論調書(和解)と同封でアイフル第2回口頭弁論調書(和解)が地裁から特別送達(切手1,050円)で届きました。

第2回口頭弁論調書(和解)PDFはコチラ

第2回口頭弁論前に和解案を受諾する話はついていたので、第2回口頭弁論前にアイフルが提出した和解案の受諾書面を提出した形になっています。

和解条項は
1 被告は,原告に対し,本件和解金として85万円の支払い義務があることを認め,これを,平成20年10月17日限り,●●銀行●●支店の原告「管理 職夫」名義の普通預金口座(口座番号××××××)へ振り込む方法により支払う。

2 被告は,被告が所有する原告に関する信用情報について,「平成20年5月2日完済登録」との情報を,平成20年10月8日までに,「平成18年11月29日完済登録」との情報へ修正し,完済後,速やかに原告へ報告するものとする。

3 原告及び被告は,原告と被告の間には,本件に関し,上記和解条項に定めるもののほかに何ら債権債務がないことを相互に確認する。

4 訴訟費用は各自の負担とする。


慰謝料を除く訴額は
1 2008年5月1日(最終取引日)までの
  786,306円(元金701,254円・過払85,052円)

2 2008年5月2日(最終取引日の翌日)から支払日までの
  5%の遅延利息(10月17日だと16,188円

いわゆる満5+5で、合計は802,494

和解金は850,000円

これまでの費用と日当を入れてもおつりがきます。

今回は全情連の誤った完済情報の修正を付け加えさせましたが、これは事前に修正された事を確認しています。 詳しくはコチラ

あとは何時振り込みなるか待つのみです。

あ~、すんごい気分いい!! (*⌒▽⌒*)

皆さんも、是非この爽快感を味わって下さい。

不法行為での提訴をスタンダードにしたい!
皆に知ってもらい払いすぎを取り返して欲しい!
応援”ポチッ”×4つ、よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓

Blog Ranking

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
2008年10月15日 約束の日より2日早く、

アイフルから 85万円 が振り込まれました。
アイフルはこれで終結です。

和解したのは2番手ですが、過払い金返還活動の最初の入金となります。
このお金は、ORIX VIPカードローンと妻のセゾンカードの一括返済に充てる予定です。
入金を次々と完済に充てて、ブラックリストに載らないようにするのが当初からの計画です。

開示請求から5ヵ月半、提訴から3ヶ月で終戦を迎えました。

不法行為での提訴をスタンダードにしたい!
皆に知ってもらい払いすぎを取り返して欲しい!
応援”ポチッ”×4つ、よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓

Blog Ranking

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。