1. 無料アクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
引き直し計算が出来たら過払い金の返還請求書を送ります。
請求書を送付しても、簡単に返還される事はまず無い事はネット上で知っていましたので、提訴は必須と考えていました。

時間と費用のムダとは知りつつも、
請求書発送後にサラ金より連絡があり、決裂して和解に至らない場合でも、提訴前にサラ金の和解条件を引き出しておいた方が後々のためと考えました。

当初は和解を希望であった事、請求とは到底折り合わない条件の為に止むを得ず提訴となった事を裁判官に判る様にと言う思惑です。

実際にはどの程度の効果があるかは疑問ですが、少しでも不利となる要素は排除した方が良いというのが私の考えです。

雛形はネットを検索して、自分なりに修正しました。

記載の金額は
過払い元金 : 取引終了日の過払い元金
過払い利息 : 過払い金返還請求書発送日の過払い利息

となります。

武富士
過払い元金: 残元金の1,865,899円(H20年5月1日完済日)

過払い利息:⑦-b 過払い利息残高の13,985円(H20年5月18日までの利息)

としました。

更に、自分の場合は不法行為を認識している旨を加筆しました。
何故、不法行為を加筆したかは別の機会にしたいと思います。

以下に原文を載せておきます。
ココカラ↓↓↓
                                             平成20年5月18日

                     過払金返還請求通知書

                                           武富士株式会社 御中

                                    住所 ●●県●●市●●区●●●
                                              ●-●-●●●●

                                               氏名 管理 職夫   
                                    電話 ●●●-●●●-●●●●

拝啓 毎々お引き立てを賜わり、厚くお礼申しあげます。
 さて小生、過日御社に赴き御社が提示する債務を全額返済し契約を解約しました。その際に取引内容の確認をする為に、御社に対し取引履歴の開示請求をしたところ迅速な開示をしていただきました。あらためてお礼申し上げます。
 さて、私と貴社の継続的金銭消費貸借契約においては、みなし弁済が認められない契約であります。(最高裁判決平成18年1月13日第2小法廷の判例により)
 その取引履歴を利息制限法の定める法定金利に従い、引き直し計算を行った結果、過払い金1,865,899円が発生していることが判明しました。この過払い金に対して本書状発送日平成20年5月18日までの利息(5%)金12,964円(民法404条に基づいています)をあわせて、下記のとおり請求します。
 また、過払いが発生した時点において、貴社から小生へ利息制限法の定める法定金利による債務の完済を通知せず、漫然と請求を継続した事は故意に違法な不作為を行い、小生の財産的利益を侵害したものとし不法行為が成立すると認識する次第です。 しかし、下記の期日に請求金額にて早期にお支払い頂けた場合にのみ、双方の信義則は果たされたものとし、前記の不法行為は存在しなかった事とする旨を申し添えておきます。

 異議等が有れば、私の住所所管地方裁判所にて紛争の解決を行うものとします。
 連絡に付いては、下記携帯電話もしくは上記住所への書状によるものとし、他の連絡方法は拒否いたします。
 連絡用携帯電話番号;●●●-●●●●-●●●●

 なお民事訴訟において請求する事となった場合は、過払い利息を5%とし、加えて支払日までの遅延利息、訴訟費用、損害賠償、も含めてご請求させていただくことを念のため申し添えておきます。
                                                       敬具
 
                            記

             金額合計     金1,879,884円
             振込口座:●●銀行 ●●支店 普通預金 口座番号1234567
             口座名義:管理 職夫 (カンリ ショクオ)

             本書面到達後、14日以内に上記金員をお支払いください。
↑↑↑ココマデ
次回は過払い金返還請求書の発送についてです。

次の「過払い金返還請求書」発射はここをクリック

不法行為での提訴をスタンダードにしたい!
皆に知ってもらい払いすぎを取り返して欲しい!
応援”ポチッ”×4つ、よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓

Blog Ranking

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
[武富士5-過払い金返還請求書の作成]の続きを読む
スポンサーサイト
ニュースカテゴリでクレディアについて2回書きましたが、クレディアでカテゴリを立てます。
・・・ニュースカテゴリに戻しました。

クレディアが債権者届けが済んでいない過払い金の債権者も、過払い金返還の対象として民事再生計画案に盛り込み可決させたことは、今後、第二第三のクレディアが登場した場合に何らかの影響を与えるものと考えたからです。
今後の動向に注目していきたいと思います。

話し変わって、クレディアに債権者届けをしていなかったもちこさんからの情報です。
↓ ↓ ↓
もちこの過払い日記

もちこさんも債権者届けをしていなかったのであきらめモードだったようですが、
色んなブログを廻って行動をした結果、過払い金の一部が返還されるようです。

もちこさんは56万円の過払いで30万円だそうです。
再生計画の
75万円未満~30万円以上は一律30万円の弁済
に当てはまる金額です。

もちこさんはクレディアに電話をしただけです、これで予想外の30万円ゲットです。

まだの方は是非電話してみて下さい。
↓ ↓ ↓ ↓
0120-025516(平日:9:30~18:00)

不法行為での提訴をスタンダードにしたい!
皆に知ってもらい払いすぎを取り返して欲しい!
応援”ポチッ”×4つ、よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓

Blog Ranking

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。