1. 無料アクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1月21日以来の更新です。

毎年この時期は来年度の事業計画や予算策定など、本職のカンリショクとして仕事が忙しくなります。

なんて言い訳してみます。

コメントを頂いた方にも返信が出来てない状況でしたが、また少しずつ更新していきます。


この間に最高裁判所第1小法廷での時効の判決が出ました。
時効が争点の方には朗報ですね。

その判決文で気になるところがあります、

「・・・借主が各過払金の不当利得返還請求権を行使することは予定されておらず、

その権利行使を期待することは難きを強いるもので相当でないから、

その間は、同返還請求権の時効は進行しないと解するのが相当である。」

と言う部分です。


私にはこう読めます、

過払い金が発生していても、

過払い金が発生している事を知らなければ、

過払い金の発生時に過払い金請求が出来るはずだった、

というのは、出来るはずの無いことを出来たはずと言うのと同じだ。


この判決は完済と再借入の一連での時効の起算点が争点でしたが、
これが、会社更生法や民事再生法の適用を受けていた場合はどうなるのでしょう?

クレディアやアエルは、過払い金も債権として扱うようですが、
2000年6月に会社更生法の適用を受け、アイフルの子会社となったライフ(LIFE)は、当時、過払い金が発生していても債権者届けをしていないと、免責になると主張してくるようです。

確かに更正手続き上は、免責となりますが、上記の判決を当てはめると、

「債権者(借主)がその権利行使(債権者届)を期待することは難きを強いるもので相当でない

と言えそうな気がしてきます。

ライフの集団訴訟の行方はどうなったのでしょう、誰か知りませんか?


不法行為での提訴をスタンダードにしたい!
皆に知ってもらい払いすぎを取り返して欲しい!
応援”ポチッ”×4つ、よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓

Blog Ranking

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
スポンサーサイト
プロミス・アイフル・アコムが解決し、消費者金融は武富士の控訴審を残すのみとなりました。
こちらの方はもう始まっているのですが、ブログにするのはもう少し先になると思います。


並行して、自分のライフと妻の丸井エポス・セゾンの3社分を始めます。
カッコよく Season2 にしたいと思います。

クレジット会社を後回しにした理由には3つあります。

1.実際にショッピングで使用している事
仕事の際でも経費を立て替えて支払うことが多いのでどうしても1枚は必要でした。
妻も少しきつい時や、公共料金などの支払いで使っていました。
ですから、提訴する前に別のカードが必要でしたが、現在は新たに1回払いだけのクレジットカードを作ることが出来ましたので解決済みです。
これについては、また別に書きます。


2.ライフは会社更生法前からの取引だったこと
同様の案件では集団訴訟が行われたり、最高裁判例も少なく、材料不足と思ったので少し待って様子を見ることにしました。

3.信用情報機関に将来、不利になり得る情報の登録を回避するために(いわゆるブラックリスト)全て完済案件とする
消費者金融 約400万円の入金

クレジット会社の約定残を一括返済

クレジット会社への過払い金請求開始
のスキームと予定していた為です。

ライフの判例も2例ほど増え、すでに3社とも完済しましたのでそろそろ活動開始します。


不法行為での提訴をスタンダードにしたい!
皆に知ってもらい払いすぎを取り返して欲しい!
応援”ポチッ”×4つ、よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓

Blog Ranking

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。