1. 無料アクセス解析

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ようやく武富士の準備書面最終回です。
2008年10月2日の第2回口頭弁論前、9月30日に地裁に提出しました。
以下、全文です。
-----------------------------------------------------------------------
事件番号 平成20年(ワ)第1234号損害賠償等請求事件
原告 管理 職夫
被告 株式会社武富士 アコム株式会社 アイフル株式会社 プロミス株式会社


                   準 備 書 面(株式会社武富士関連)

                                             平成20年10月2日

●●地方裁判所第2民事部B係 御中

                                              原告 管理 職夫
                            ●●市●●区●●町●●丁目●番地●●号
                                   TEL(●●●)●●●-●●●●

第1 被告の答弁書中の「みなし弁済のための努力」に対し以下のように反論する。
 1 「みなし返済の努力について」
  貸金業規正法43条に定められた「みなし弁済」の要件は,貸付弁済の各取引の際に,
 17条書面,18条書面を交付することのみならず,債務者が約定利息を利息としての認識を
 持ち,任意に支払うことが要件とされている。
  ところが,被告の金銭消費貸借契約書には,「期限の利益喪失」条項があるが,その場合
 には,債務者が約定利息を支払うことを事実上強制するものであり,任意の支払いとは言え
 ない。
 (最高裁第二小法廷平成18年1月13日判決,最高裁第一小法廷平成18年1月19日判
 決,最高裁第三小法廷平成18年1月24日判決)
  よって,本件取引には貸金業規正法43条の要件を全て充足しているとはいえず「みなし弁
 済」の成立する余地は全くない。
  さらに被告は本件における貸金業者が行うべきみなし弁済が成立するための具体的な帳
 票類等を一切提出することなく,被告の独自の認識による見解を述べたに過ぎずみなし弁
 済の立証をしていない。
  よって本件取引において同法43条に定められた「みなし弁済」の成立する余地はない。
 みなし弁済の適用があるというのであれば,すべての17条書面の控え,18条書面の控え
 の提出を求める。

 2 「貸金業規制法17条1項書面一要記載事項充足との認識」について
  被告は本件における被告の独自の認識を述べたに過ぎず,貸金業者が行うべきみなし弁
 済が成立するための具体的な帳票類の一つである17条書面を一切提出していないのだか
 ら被告の答弁は貸金業規正法43条に定められた「みなし弁済」の成立を立証していない。
  これだけでも17条書面によるみなし弁済の適用がないのは明らかであるが,あえて被告
 の認識の誤りについて反論する。
  貸金業者が貸金業法43条1項の適用を受けるためには,相手方に対し,同法17条1項に
 規定する各記載事項のすべてを記載した書面を交付する必要があり,しかも,一通の書面
 において右記載事項のすべてが記載されていなければならず,他の書面によって記載漏れ
 の事項を補ったり,書面外の事情をもって記載漏れの事項を補うことは,許されないと解す
 べきである。(平成10年1月21日東京地裁判決)
  よって包括的貸付契約及び個別的貸付契約の際にそれぞれ貸付契約に関する書面を交
 付する時には,その両書面を併せてみることで同法17条の定める要件を充足した書面(契
 約書面)であることを要し,かつ,それで足りるものと解されるというのは誤りである。

 3 「貸金業規制法18条1項書面一要記載事項充足との認識」について
 (ア)上記17条書面と同様である,被告は本件における被告の独自の認識を述べたに過ぎ
  ず,貸金業者が行うべきみなし弁済が成立するための具体的な帳票類の一つである18条
  書面を一切提出していないのだから被告の答弁は貸金業規制法43条1項に定められた
  「みなし弁済」の成立を立証していない。

 (イ)被告はなんら立証していないのであるから被告の言う同法18条書面によってはみなし
  弁済の適用がないのは明らかであるが,あえて被告の認識について反論する。
   被告は貸金業規制法第18条1項1号から3号については,当時の施行規則第15条2項
  にて契約番号にて代えることが許容されており,貸金業法18条に定める規制を遵守して
  いたと言う。
   しかし,施行規則第15条2項は法の委任の範囲を超えた違法な規定であり無効である。
  被告が交付したとする契約年月日,貸付の金額等の記載を欠いた領収書は18条1項書
  面の要件を満たさない。
  (最高裁第二小法廷平成18年1月13日判決,最高裁第三小法廷平成18年1月24日判
  決)

 (ウ)「被告の努力」について
   被告は制限超過利息の合意があることで任意の支払であり,その時々の裁判例及び行
  政指導に従って,誠実にこれを実行しみなし弁済規定の適用を受けるための努力を続け
  てきたと言う。
   しかし,制限超過利息の支払が合意によるものであったとしても,その合意は強行法規
  に違反して無効であり,法的保護を受けることはできない。すなわち被告の主張するみな
  し弁済が適用される努力は,貸金業法43条1項の要件に該当する事がなく,本取引にお
  ける約定金利は被告にその認識が無いとしても違法無効である。
   さらに被告の強行法規を制限超過利息の支払の合意に基づくという理由で不法行為の
  成立範囲を限定的に解することは本末転倒であり,利息制限法の立法趣旨からみても被
  告の認識の主張は無意味であるどころか被告の認識によるところの主張は強行法規違反
  で失当である。

 (エ)被告は悪意の受益者である事実
   被告は関東財務局長登録の貸金業者であり,本件の貸金業法43条1項の適用が認め
  られる特段の事情があることの具体的な主張立証はなく,法律上の原因がないことを知り
  ながら過払金を取得した者,すなわち民法704条の「悪意の受益者」である。(最高裁平
  成19年7月13日第二小法廷判決・民集61巻5号1980頁)
   被告は,法律上の原因がないことを知りながら過払金を取得した悪意の受益者であるか
  ら,制限超過部分は,貸付金の残元本があればこれに充当され,残元本が完済になった
  後の過払金は不当利得として借主に返還すべきものであることを十分に認識しているもの
  というべきで,過払金額がこのように高額になっていることを十分知り得たというべきであ
  る。

 (オ)被告の告知義務違反
   被告は,本件取引にあっても,超過利息が支払われても,それを利息制限法所定の利率に
  引き直して債権管理を行うべきであり,元本完済後の弁済金(本件取引にあっては平成
  17年1月30日以降の弁済)についても,不当利得として返還せざるを得ないものであるこ
  とも認識し,あるいは当然に認識すべきであったといえる。
   他方,原告は法律の素人であり,利息制限法,貸金業法及び充当計算をする裁判例等
  を認識できないのであり,被告との取引は全て適法であり過払い金の存在すら知らず,被
  告の請求額の約定利息が法律上も有効であると誤信したまま支払を継続してきたものとし
  て長期間に渡り支払いをしてきた事実がある。
   しかるにその原因は貸金業法43条1項の適用が認められるための要件を具備しない形
  態での取引を続けてきた貸金業者である被告の側にある。
   また他方,被告は法律上の原因がないことを知りながら,原告から取引の最終(平成20
  年5月1日)までの約定利息による弁済による金員を収受しており,原告にこのような知識
  がないことをも被告は十分推測していたと推認される。
   このように,被告は利息制限法所定の利率を超える高金利で金銭の貸付等を行うことを
  主な業とする貸金業者であり,利息制限法,貸金業法あるいはそれらに関連する最高裁
  判所の裁判例等の知識を有し,貸金業の実務に精通していたにも関わらず,制限超過利
  息の元本充当により貸金債務が消滅した後に,債務の弁済を請求し,これを受領する行
  為は,実体法上の権利が存在しないのに,それを知りながら,原告の無知に乗じて適法に
  保持しえない金銭を請求し,これを受領する行為にほかならない。
   すなわち被告は制限超過利息の元本充当により貸金債務が消滅した時点で債務は0円
  になり法律上の原因がないこと知っていたにも関わらず,実態のない債務の弁済を請求
  し,これを収受することは架空請求詐欺的行為である。
   被告は法律上の原因がない実態無き債務の弁済の事実を告知することが出来るにも関
  わらず,平成20年5月1日に店頭における一括完済(100万8504円)時に至る最終取引
  まで告知することをしていない。
   さらに店頭における最終取引日にすら一括弁済を希望しその請求額を求めた原告に対し
  ,約定による金利での金額を,制限超過利息による収受であることと,既に過払い金が発
  生していること告げずに,約定金利での一括弁済金を請求した事実がある。
   原告は債務が無い事を知っているのに弁済を継続したり,一括弁済をすることはあり得
  ないのであって,債務が無い事を知っていた被告がこれを継続的に収受していた事は不
  作為による告知義務である。

 (カ)被告の架空請求
   被告は債務が無いことの告知を怠るだけでなく,法律上も支払義務のない支払について
  ,受額する権限もないことを認識しながら,充当計算を行ったり,過払の告知をしないまま
  約定利息を請求し続け,元本消滅後もあたかも残元本が存在していることを装い支払を請
  求して,それを受領していたのだから,元本が消滅するまでは,利息制限法所定の利率を
  超える支払分について,元本消滅後は,その全部について架空請求として不法行為が成
  立する。

 (キ)原告の債務整理や生活にどのような影響があったかについて
   「原告が被告に対する借金返済のためにいつごろから他の金融業者から借財していた
  のか,原告がいつごろから債務整理を計画して原告代理人にそれを依頼したのか,過払
  金の返還が遅れたことによって具体的に原告の債務整理や生活にどのような影響があっ
  たかについては,これを明確にする主張や立証はない。結局,原告の不法行為の主張を
  採用することはできないというほかない。」と言う判決例は被告の理論のすり替えである。
   原告は被告の不法行為は法律上の支払義務のない支払があると誤信させ,その金を受
  領し続けたことについて不法行為が成立すると主張しているのであり,原告の生活や借財
  の状態が,原告の不法行為の主張を退けるとする被告の主張は意味不明であり,失当で
  ある。

 (ク)近時,司法の場において本件と同類の事案について不法行為を認定する裁判例を以下
  に列挙する。
  ①神戸地方裁判所 平成20年5月1日判決
   告知義務違反を認め,不法行為による損害として過払金相当額や慰謝料など約188万
   円の支払いを命じた判例。
  ②神戸地方裁判所所民事第5部 平成20年3月21日判決
   過払金や架空請求に準じる違法な行為の慰謝料など約1175万円の支払いを命じた判
   例。
  ③松山地方裁判所西条支部 平成20年3月18日判決
   強行規定である利息制限法を超えた利息の請求は架空請求であり,不法行為に該当す
   るとして,不法行為の損害として,過払金約85万円の支払いを命じた判例。
  ④名古屋高等裁判所民事第2部 平成20年2月27日判決
   過払金が発生し本来債務者に弁済義務がないにもかかわらず,債務者の無知に乗じて
   支払を請求し,受領した行為は不法行為に該当するとして,プロミス株式会社に過払い
   金と慰謝料などを合計した約493万円の支払いを命じた判例
  ⑤神戸地方裁判所第6民事部 平成19年11月13日判決
   過払金となる弁済金の受領行為は適法に保持し得ない金員を収受であり,債務者の無
   知に乗じ,社会的相当性を欠く違法な行為として,民法709条所定の不法行為を認定し
   ,損害賠償金などを支払うよう命じた判例
  ⑥札幌高等裁判所 平成19年4月26日判決
   元本がなくなった後は,その全部が存在しない債務であり,架空請求として不法行為を
   構成するとし,このような請求により,債務者が「請求額全額を支払わなければいけない
   と誤信し,精神的苦痛を被ったと認められるとし,慰謝料支払を命じた判例。
  ⑦大阪高等裁判所 民事6部 平成19年7月31日判決)
   過払金発生時以降,約定利率による請求は,架空請求類似とし,原告の無知に乗じて請
   求して収受してきたものとして不法行為を認定し慰謝料支払を命じた判例。

第2 求釈明
  原告は被告に対して,下記書面の提出を求めます。
   ・原告との間の貸付取引に関して作成された契約書(貸金法17条1項)全部
   ・同じく業務帳簿(同法19条)
   以上の文書の提出をしない場合,その理由を明らかにすること。また,以上の文書を現
   に所持しているか否かを明らかすること。

第3 原告の要望
  被告の答弁はみなし弁済の適用要件をなんら立証しておらず,利息制限法の潜脱行為と
 いっても過言では無い。
  しかし,原告は裁判の遅延を望むのではなく,今回第二回口頭弁論前において訴額を大
 幅に減額した和解案を提示し,早期の解決を図ったのであるが,合意に至らず今回となった
 ものである。
  しかしながら原告は,今だ早期解決を希望しない訳ではなく,以下2点を和解案として提示
 する。

 和解案1 平成20年10月31日を期限として和解金246万円を原告へ支払う。
 和解案2 平成20年10月31日を期限として全国信用情報センター連合会に登録となった
       登録会員名「(株)武富士 管理部」を取り消し,契約支店名に戻すこと。 

 尚,本和解案が合意とならなかった場合は,早期の判決を希望します。

                                                       以上
-------------------------------------------------------------------------
皆さんからのコメントお待ちしています。
ブログ・ランキングに参加しています。”ポチッ”と応援が多いとやる気が出ます。
Blog Ranking

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
借金は身を滅ぼす
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kuripunchan.blog50.fc2.com/tb.php/114-f5fba7b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。