1. 無料アクセス解析

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第3回口頭弁論に向けた武富士の弁護士が提出した準備書面(1)を全文掲載します。
訴状に対する、つまらない反論です。
みなし弁済規定の成立を立証しない(出来ない)ので相変わらず「認識」の話しで終始しています。

禅問答が好きみたいです。

---------------------------------------------------------------------
平成20年(ワ)第●●●●号損害賠償等請求事件
原告 管 理 職 夫
被告 (株)武富士
                           準備書面(1)
                                          平成20年11月6日
●●地方裁判所第2民事部B係御中

                                     被告(株)武富士訴訟代理人
                                        弁護士 大 森 勇 一

【不法行為(架空請象)による損害賠償責任の主張に対する反論】

1 不法行為が成立するためには、他人の権利を侵害するについての故意又は過失が必要であるが、本件では、被告(株)武富士(以下「被告武富士」という。)にはそのような不法行為についての故意・過失は存在しない。
 すなわち、被告武富士は、利息制限法所定の利率を上回る超過利息を受け取る際、当時の調停などの裁判実務の運用等から判断して、原告による超過利息の弁済が貸金業法43条1項のみなし弁済に該当すると認識していたものであって(その詳細については、答弁書記載のとおりである。)、原告から不当に利益を収受しているという認識はなかった。

2 不法行為制度は、違法行為を受けた被害者の救済を目的とするものであり、加害者が当該損害を賠償する責任を負うためには、権利侵害についての故意又は過失の存在が前提となるところ(過失責任の原則)、行為者に権利侵害することについて故意又は過失があったか否かを、行為当時の基準において、社会通念に従って判断すべき問題である。
 ところで、本件のように、利息制限法を超える利息に対する弁済については、茸金業者及び消費者間において、貸金業法43条1項のみなし弁済規程によりその受領が正当化されるとの認識があったことは、従前の社会情勢や調停等の裁判実務の運用からすれば明らかであって、貸金業者が超過利息を受領する際・その受章が原告の権利を侵害することについて故意又は過失があったとは到底言えないのである。

3 また、そもそも原告と被告との間には貸付金及び遅延損害金に関する約定に基づく利率が定められていたのであり、これが利息制限法の定める利率を超えているとしても、この超過部分を不当利得として返還するか否かはひとえに原告ら顧客の意思・行動によるのであって、このような場合にまで、被告に利息制限法に定める利率を超えて利息を支払っている旨を原告ら顧客に告知すべき義務がないことは明らかである。
 約定の利息を収受するに関して、被告には何ら積極的な欺罔的行為はないし、また、上記のとおり告知義務違反もないのであるから、被告に不法行為責任は生ずることはあり得ない。

4 原告は被告武富士について架空請求を云々するが、架空請求とは、まったく存在根拠のない債権を、あたかも実在するかのように装って請求する場合をいうのが典型であるところ、本件は、みなし弁済規定の解釈によって利息制限法所定の利率を超える利息の収受が後になって無効と評価されたに過ぎない場合であり、利息債権自体は当事者の合意によって適法に成立したものであるから、上記のとおり、架空請求とはその基礎を異にするといわねばならない。
 したがって、被告武富士が、原告に対し超過利息を請求したとしても、法律上正当化されない債権であることを認議しながら、あえて超過利息の請求をしたというような特段の事情がない限り、本件利息の収受をもって架空請求と同様に論じ、もって不法行為に該当するということはできない。
 そして、当然のことながら、本件では上記特段の事情は見受けられないのであるから、原告の架空請求を理由とする不法行為に基づく損害賠償請求は失当というべきである。

                                                     以上
--------------------------------------------------------------------------
不法行為での提訴をスタンダードにしたい!
皆に知ってもらい払いすぎを取り返して欲しい!
応援”ポチッ”×4つ、よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓

Blog Ranking

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kuripunchan.blog50.fc2.com/tb.php/144-ff87773b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。