1. 無料アクセス解析

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第4回口頭弁論準備の電話会議?の結果、2日後の2008年11月27日に判決となりました。
特に裁判所に出向く必要もありません。判決文が届くのを待つだけです。

早速、武富士の担当者から電話がありましたが、判決内容が判りませんので会話のしようがありません。

カンリショク 「判決文をが届いていないのでお話しようがありません。」

武富士    「では、届いたらお電話ください。」

カンリショク 「わかりました。」


何故、電話が来たのでしょう? 支払日についてでしょうか?
まぁ、いいです、明日には判決文が届きます。
どんな判決かドキドキします。
合格発表の前日みたいです。



そして11月28日、特別送達で判決文が届きました。

判決主文は4つ、要約すると
1.過払い金元金と支払い日までの利息を支払え
   満5+5を支払えということですから「悪意の受益者である」ことは認められました。

2.それ以外の請求は棄却
   慰謝料150万円は棄却です。

3.訴訟費用は半々
   引き分け?

4.仮執行できる
   控訴されても差し押さえできます。

金額は不当利得返還請求と同じです。
慰謝料が認められなかったということは、不法行為も認められなかったということでしょうか?

答えは次回、判決の理由で。


不法行為での提訴をスタンダードにした
い!
皆に知ってもらい払いすぎを取り返して欲しい!
応援”ポチッ”×4つ、よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓

Blog Ranking

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kuripunchan.blog50.fc2.com/tb.php/147-1d9ecee3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。