1. 無料アクセス解析

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
間が空きましたが武富士の強制執行のその後です。

平成20年5月から始まり平成21年の3月27日に和解金200万円が振り込まれるまで10カ月に及ぶ長い裁判でした。

武富士が控訴の際に、180万円の供託金を納付して強制執行停止の申し立てをしたのはお伝えした通りです。 
強制執行停止決定?


この供託金はその後どうなったか?

武富士のヒロセから電話が来ました。

書類を送るので印鑑証明をつけて変返送してくれ」と。

印鑑証明の費用は?」と尋ねると、

コチラ持ち」だと言う。

「なんでそっち(武富士)の都合なのに持たなくちゃいけないの?」
と少しキレ気味に言うと郵便為替を同封するという。

わざわざ印鑑証明も取りに行かなくてはならないのに、勝手に強制執行の申し立てしておいて印鑑証明の費用も持つわけないでしょ。

で届いたのがコレ
強制執行お願い1
同意書
強制執行 同意書2
請書
強制執行 請書3
放棄書
強制執行 放棄書4

どうやら供託金は原告の同意がないと返還されないようです。
嫌がらせにしばらく放っておいたら同じ書類がもう一通届いて電話が来ました。

困るみたいで、相当急ぎのようでした。

結局、返送したけど、この供託金は、だれか他の人の強制執行に使えたのだろうか?
もし出来たなら他の人に使ってもらえばよかったな。


ドンドン強制執行しよう!
応援”ポチッ”×4つ、よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓

Blog Ranking

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kuripunchan.blog50.fc2.com/tb.php/203-389bf50c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。