1. 無料アクセス解析

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平成21年9月4日の最高裁で不法行為についての判決が出ました。

これについては色々な意見や見方があるようですが、これについては後述します。


今回は武富士の地裁での不法行為での勝訴判決について、

判決文では武富士に過失があったので不法行為とは言っていないのですが、
何故、悪意の受益者であることで不法行為としたのかスッキリしませんでした。

武富士は準備書面(2)で「仮に、不法行為が成立するとしても、・・・」として過失相殺を主張していました。
→クリック 武富士25 武富士の準備書面(2)


判決では「過失相殺をする理由はない」と判決しています。
→クリック 武富士30 判決の理由 過失相殺
→クリック 武富士28 判決全文


もし、武富士が過失相殺の主張をしていなかったら、判事はこの一文を判決文に書かなかったと思います。

不法行為は故意または過失でも不法行為となります。

逆に武富士が過失相殺を主張したが故にされた判断ではないのでしょうか?
この主張がなければ不法行為判決を出さなかったのではないでしょうか?

であれば、過失相殺の主張は大森弁護士のチョンボです、
武富士は自らに過失があり、過失があることは不法行為になると言っているのと同じです。
自ら墓穴を掘ったことになります。

控訴審で和解したので、継続していたらどうなったかは解りませんが、

相手が過失を主張したら攻撃のチャンスです。


ドンドン強制執行しよう!
応援”ポチッ”×4つ、よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓

Blog Ranking

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
過失相殺を、主張した事や被告準備書面を読むと、社会情勢や常識からして
一般人にも、昭和50年代初頭から、利息制限法超過の、無効性が認識され始めていた。
等と、自白にも近い反論になっていますね。一般人が認識し始めたのに、貸金業者なら言わずもがな、です。

しかし、大森弁護士を、蛇足、失当、勇み足まで、追い詰めた、カンリショクさんの豪腕が、在ってこそ。の判決だと思います。
神戸プロミスの、衝撃が記憶に新しい当時の社会情勢が、裁判官の心証形成に、影響を及ぼしただろう事も在るとは思います。
平成21年9月4日が、出された今だったら、どうだったかな。とは少し思います。(悪意受益者であっても、この理は…)
2009/09/25(金) 11:51 | URL | #-[ 編集]
Re:名無しさんへ
この判決理由は、いいのかよ?って思うくらいでしょ。
でもこの判事仙台地裁でもオンブズマンと市の裁判でも中々、どっちもどっちの絶妙な判決出してるんですよね。

平成21年9月4の判決って、良く読むと不法行為になる場合もあるので持って行き方によっては不法行為もありって気がしてます。
2009/09/26(土) 21:58 | URL | カンリショク #-[ 編集]
Re: そのとおり
非公開コメントなので返信するか迷ったけど、返信します。

容易にそのことを知り得たのに,あえてその請求をしたりしたなど,←ここ重要!

その行為の態様が社会通念に照らして著しく相当性を欠く場合>←ここ微妙!

この2点をしっかり主張できれば不法行為もアリだよね。

貴殿ブログが休眠中なのでコメント入れれないけど、ブログ再起動まってます。
貴殿のブログはコメントしなくても見てる人は結構いると思いますよ。

頭でっかちには、「そうかあなたはそう思うのか、おいらはこう思う。以上」でいいんじゃないですか?
別に無理に意見統一する必要ないでしょ?
2009/09/29(火) 13:46 | URL | カンリショク #-[ 編集]
Re: 控訴されました。
gonさん
非公開コメントなので、メールで返信したのですが、メルアドが会社ドメインだけど大丈夫ですか?
OKならメールします。
2009/12/05(土) 14:58 | URL | カンリショク #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kuripunchan.blog50.fc2.com/tb.php/206-fa9509f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。