1. 無料アクセス解析

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回書いたクレディアの民事再生計画案の可決について、アレッ?と思いましたので調べてみました。

債権届が出された過払利息返還請求権については
  40%の弁済率で一括弁済する。
  30万円までの少額債権は全額弁済する。
また、
債権届出ができなかった債権者も届出がなかったことによって失権することはなく、利息返還請求権が再生債権として確定すれば同様に弁済する。

ン? 30万円までの債権は全額保証されて30万円以上だと40%?
だとしたら、
300,000円 × 40% = 120,000円 (30万円の人より少ない!!)
750,000円 × 40% = 300,000円 (30万円の人と同額!!)

アレッ?これでは75万円未満の債権者が30万円の債権者より少ない額になる事になります!!

↓このようになるようです。
 ■ 30万円未満は全額弁済。

 ■ 75万円未満~30万円以上は一律30万円の弁済

 ■ 75万円以上は40%の弁済率で一括弁済。
    (例)
     80万円の場合は32万円
    100万円の場合は40万円

一応、逆転現象は無くなりますが、個人で弁護士に依頼すると費用も掛かるり微妙な感じです。
弁護士費用を節約するなら、取引経過の開示請求をして過払い金があれば、直接クレディアにどのような手続きを行ったら良いか聞いても良いと思います。
裁判をする必要も無いので、「債権届」を提出すれば意外とスムーズな気がします。
全然臆する必要は無いですよ、
だって債権者なんですから!

でも不安な方はここに連絡してみるのも良いかもしれません。

クレディア対策全国会議 ← クリック

不法行為での提訴をスタンダードにしたい!
皆に知ってもらい払いすぎを取り返して欲しい!
応援”ポチッ”×4つ、よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓

Blog Ranking

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kuripunchan.blog50.fc2.com/tb.php/41-bd0511a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。