1. 無料アクセス解析

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓クリックで別窓で開きます、そのままだと見づらいので拡大して下さい。
武富士 引き直し

1.最終取引日までの計算

前回は最終取引日(5月1日)までの入力を済ませました、
イロイロな数字が計算されてアレレ?となりますが、結論だけ言うと

が分かればOKです。

 残元金 = 過払いの元金
  過払い金返還請求書 や 訴状の訴額 で使う金額です。
 
 過払利息残額 = 過払いの元金の利息
  過払い金返還請求書 で使います、 訴状の訴額 には利息は記入しません。
  (ですが利息は請求します)

最終取引日では ⑤ + ⑦ = 187万5551円 が返還されるべき合計です。

巷で 満5 (過払い元金満額と5%利息)と言うヤツです。



2. 過払い金返還請求書の発送日までの計算

請求書の発送日(5月18日)を入れてみました。
⑤-b ・・・残元金は 187万5551円 のまま(取引が無いから当たり前)
⑦-b ・・・過払利息残額は 1万3475円

新たな借入が無いので、5%の利息がどんどん付きます。
5月1日から18日の17日間で 4,333円 も利息が付いちゃいました。
5%高金利の貯金のようです、このまま放置したくなります。

過払い金返還請求書にはこの合計で請求します。



3. 武富士から振り込まれる日付までの計算

仮に裁判で勝訴し、振込み日が 平成20年2月10日 だとすると、
⑦-c ・・・過払いの利息は 5万944円 までになります。

巷で 満5+5 と言うヤツの後ろの5(5%)です。

訴状に書く時はサラ金からの支払日が確定していないので、
平成●●年●月●日(最終日の翌日)から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え」
などと書きます。

不法行為での提訴をスタンダードにしたい!
皆に知ってもらい払いすぎを取り返して欲しい!
応援”ポチッ”×4つ、よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓

Blog Ranking

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
2009年2月15日 訂正
(誤)5月16日 → (正)5月18日
(誤)⑦-b1万2965円 → (正)⑦-b1万3475円
(誤)15日 → (正)17日
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kuripunchan.blog50.fc2.com/tb.php/42-0be0a9f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。