1. 無料アクセス解析

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
過払い金返還請求書に記載する金額は
acom引き直し

過払い元金: 残元金の1,390,341円(H20年5月1日完済日)

過払い利息:⑦-a 過払利息残高の 13,339円(H20年5月18日までの利息)

この合計 ⑤ + ⑦-a = 1,403,680円 が合計請求金額です。

テンプレートを用意しましたので、当てはめてみると分かりやすいと思います。
テンプレートはこちらから ← クリック

次の「過払い金返還請求書」発射はここをクリック

不法行為での提訴をスタンダードにしたい!
皆に知ってもらい払いすぎを取り返して欲しい!
応援”ポチッ”×4つ、よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓

Blog Ranking

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
2009年2月15日 訂正
(誤)⑤ 残元金1,159,976円  → (正)⑤ 元残金1,390,341円
(誤)⑦-a 過払利息残高36,273円 → (正)⑦-a 過払利息残高13,339円
(誤)⑤ + ⑦-a = 1,159,976円 → (正)⑤ + ⑦-a = 1,403,680円
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
過払い請求について情報収集していたらこのブログを見つけました。
個人での請求過程がよく分かり、図解もされているのでとても参考になりました。
そこで、見ていてちょっと不明な点があったのですが、もしよろしければ教えて下さい。

文中に出てくる

過払い元金:残元金 と 過払い利息:⑦-a過払利息残高

の金額が引き直し計算書の金額と違っているのは何ででしょうか?
武富士のブログも拝見しましたが、同様に請求書と計算書の金額が違っていて、その金額がどこから出てきたのかどうにもわかりませんでした。単に入力ミスでもなさそうなので。。。

これから過払い請求をする予定なんですが、分からないことが多くて変なことを聞いていたらすいません。
どうぞよろしくお願いします。
2009/02/13(金) 07:44 | URL | みき #mQop/nM.[ 編集]
Re: みきさんへ
ご指摘ありがとうございます、ご指摘の部分は、記載ミスです。

表の数値が(正)で文中が(誤)です。
ご指摘を受け見直しをしました。
詳細はブログ新着で訂正部分について記事にしていますのでそちらを参考にして下さい。

個人で提訴されるのですか?
個人的な感想ですが、減額でも早期和解を希望しないなら、
請求書発送と提訴前の和解交渉は、相手の時間稼ぎになるだけでメリットは感じませんでした。

また、分断や推定計算など争点がある場合は、提訴なく和解交渉はほとんどないと思います。

エポス・セゾン・ライフの3社を最近提訴しましたが、エポス以外はイキナリ提訴です。

それと訴外での和解は、大手かつ、更生法申請の不安がない会社しかお勧めできません。
イザトいう時に訴外和解では仮執行ができないためです。
また、振り込み期日も2~3か月後ということも多く、かえって判決の方が早い場合もあります。
判決が出れば即日支払の義務があります、支払に応じなければ強制執行できます。

提訴後の相手の答弁書などを読むと、意味不明だったりして、いろいろストレスも溜まります。
これがサラ金の狙いですが、ご自分でされる場合は、勝訴した場合は控訴されたりして1年以上かかる場合もありえる事も想定にいれておいた方が良いかも知れません。

でも、毎日大勢の方が本人訴訟で戦っていますので、みきさんもメゲズに頑張って下さい。
2009/02/15(日) 00:20 | URL | カンリショク #-[ 編集]
はじめまして。
非常に分かりやすく、参考になります。

ところで、提訴を考えたときに数社ある場合、1社ずつ潰していくのと、訴状例にもあった1度にまとめて提訴する方法、どちらがベターなんでしょう!?
2009/02/18(水) 11:37 | URL | みつお #3fSe.YNE[ 編集]
Re: みつおさんへ
これから訴状作成ですか?頑張って下さい。

まとめ理由1.【時間】
①被告達の出廷日が揃わず審理が進まないなどの理由で書籍では別々を勧めてました。
②また、判事によっては別々を指示する場合もあると聞きました。

①は、実際に4社同時で、被告出廷はアコムの第2回口頭弁論だけでした。武富士は地裁原審(4回まで)に一度も出廷していません。

私の場合、被告が出廷したのは上記1階だけだったので、同時でも問題なしでした。
ただ、東京などの弁護士の出廷が容易な場合は、出廷日の問題が出る可能性はあります。
これも、争点などによると思います。ですが1回目に出廷はまず無いでしょう。

結局、4社中2社は1回目までに和解、2回目まで2社和解、1社のみ控訴審です。
私も仕事がありますので、まとめて提訴は時間的には大いに助かりました。


まとめ理由2.【費用】
全部の合計が訴額になるので、個別に提訴するより印紙代は安くなります。
額が多ければそれなりの差になります。
欠点は、訴訟費用の請求をする時に、按分したり計算が多少面倒となることです。
例えば、判決で費用請求する際は、日当は3950円ですが、3回目が4社で、4回目が3社だと、1社あたりの請求額が都度違うとなります。
1提訴1社なら、3950円のままです。

3.まとめて提訴が可能な場合
「原因が同じ」で無ければなりませんから、あまりに争点に相違があると難しいかもしれません。
自分なら一連一体・会社更生や時効が絡むと分けます。

4.別提訴でも出廷日を同じに出来るかも知れない方法
提訴日が同日か近ければ、同じ日にして欲しい旨の上申書を提出して、複数の提訴を同日口頭弁論にして貰えるかもしれません。
私は、妻と自分で別の提訴の同日開廷を上申しています、結果はまだですが。

5.訴訟上で有利となるか?
これは分かりません、あくまで個別の案件です。ただ、判事が同じになるので、「あー確かに多重債務で大変だぁ、同情するなぁ」となるのか「関係ないね」はたまた、「こいつスゴイサイマー、場じゃない?」となるのか判事によると思います。

相性の良い判事ならOKですが、そうでなければ全ての案件がこの判事になってしまうので不利です。

質問の答えは、ケースや相手によってはベターだしその逆もあるとなります。

また、私の場合は不法行為メインでしたから、最初から地裁狙いで140万円にするためにまとめる必要があったのも理由の一つです。
全て地裁での事で、簡裁は経験が無いので分かりません。

参考になりませでしたね。
2009/02/19(木) 10:32 | URL | カンリショク #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kuripunchan.blog50.fc2.com/tb.php/52-0e3b0058
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。