1. 無料アクセス解析

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過払金とは読んで字がごとく払い過ぎたお金です。
ですがATMの控えにも借入残高がまだあります、間違いありません。
借りたお金は返さなきゃいけません、毎月せっせと、アッチに返してまた借りて、コッチに返してまた借りて、どうにか返済してました。
でも残高はほとんど変わらず、まだまだ完済出来そうにもありません。
あ~ぁ後何年掛かるのだろう。
と私も思っていました。

「過払い金」の存在を知ったのは、残債務を早く終わらせたくて取り寄せた、
東京スター銀行のおまとめめローン 「 バンクベスト 」の資料に

「 おまとめの対象となる消費者ローンの金利が、利息制限法の上限を上回っていた場合は、お借入先から過払い金が返還されるケースがあります 」???
との注意書があったからです。(おまとめめローンについては後ほど) 

利息制限法の上限を上回っていた場合? 

過払い金が返還される?

待てよ、約定金利は(25~29.2%位)だったな、もしかしてこれに当てはまる?
ここから私の過払い金請求が始まりました。 

早速ネット検索です、

【 出資法5条2項の金利(上限29.2%) 】
私が借りている貸金業者の約定金利はこの出資法に基づいているようです。
また、29.2%以下では刑事罰は科されません。ヤミ金なんかはこれを軽くオーバーしているので完璧に違法です。

【 利息制限法1条1項の金利(15%~20%) 】=法定金利と言います
・元本が10万円未満の場合   年20%
・元本が10万円以上100万円未満の場合   年18%
・元本が100万円以上の場合   年15%
となっています、この制限を越えた利息の支払いは無効となっています。

【 グレーゾーン金利 】
この利息制限法1条1項 と 出資法5条2項 の間の金利のことです。
この金利で計算した利息の差額が「 過払い金 」だと言うのです。
では何故、貸金業者は利息制限法1条1項の金利=法定金利以上の金利を約定金利としたのでしょう。
おそらく、グレーゾーン金利でも刑事罰が無いこと、日本人が約束を守る民族性であることを逆手にとって「 取れるときに取っとけ 」とでも考えたのでしょう。

【 みなし弁済 】
出資法5条2項の金利が必ずしも無効ではありません、
貸金業法43条1項のみなし弁済の厳格な要件を満たし、借り手がこのグレーゾーン金利を
任意に支払った場合
には、出資法5条2項(上限29.2%)は有効な利息の弁済
とみなすことが出来ます。

また「みなし弁済」が認められるには厳格な要件を全て満たす必要があります。
ですが、私はグレーゾーン金利で払うことを任意で決めたことはありませんし、出資法も貸金業法も知りません、契約書に書かれた金利は法律上も有効だと思っていました。

払う必要のない高い金利でわざわざ払うはずありません。

【 過払い金が発生するする仕組み 】
利息制限法1条1項の金利は法定金利です。
法定金利を超えた金利(例えば29.2%)と法定金利(15%~20%)の利息の差額を元本に充当する計算をすると、元金はもっと少なくなっているはずです。

過払い金額は個々に違いますが、
大体、5年以上で過払い金が発生の可能性があり、
7年以上だと発生の確率も高い
ようです。

ここまで来て分かりました、
支払う義務の無い返済=過払金があるかも知れないと。

不法行為での提訴をスタンダードにしたい!
皆に知ってもらい払いすぎを取り返して欲しい!
応援”ポチッ”×4つ、よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓

Blog Ranking

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kuripunchan.blog50.fc2.com/tb.php/7-2cdece87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Q.過払金(過払い金)とは? A.貸主がすでに利息制限法所定の制限超過部分に相当する金銭を受領していた場合には,制限超過部分は残存...
2008/09/02(火) 10:59:44 | 法律と法曹の取扱説明書
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。