1. 無料アクセス解析

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
過払い金チェッカー引き直し計算 の結果を比較してみました。
実はこれが後で本人訴訟をする理由の一つに繋がります。

過払い利息5%を入れて
当初の過払い金チェッカーでは
     武富士 : -1,482,671円
     アコム  :   -741,305円
     アイフル :   -445,123円
   +)プロミス :   -178,012円
      合計    -2,847,111円

引き直し計算では
     武富士 : -1,665,899円
     アコム  : -1,159,976円
     アイフル :   -701,254円
   +)プロミス :    -64,140円
      合計    -3,591,269円

75万円近く差があります、過払い金チェッカーが悪いのではなく、期間や金額が曖昧だったので差が大きいのだと思います。
実際に再度計算すると結構正確に出ます。

でも、思っていた金額より差があったのでビックリです。
サラリーマンに360万円は大金です。
モチベーションが否応なしに上がります。

過払い請求を迷っている方や取引履歴がはっきりせず、過払い金チェッカーで過払いが出ずに諦めかけている方は取引履歴を取り寄せて引き直し計算をする事をオススメします。
過払いがあるかもしれません。
もし過払いがでなくても、利息制限法での残債務も分かりますし、いつから過払いになるかもシュミレーションが可能です。
また表にすることでお金の動きがわかり返済計画も立てやすいのではないでしょうか。

皆さんからのコメントお待ちしています。
ブログ・ランキングに参加しています。1日1回、” ポチ ” してくれると嬉しいです
Blog Ranking

借金は身を滅ぼす
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kuripunchan.blog50.fc2.com/tb.php/72-736c96c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。