1. 無料アクセス解析

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
過払い金返還の作戦に向けて、私には大事な前提があります。

それは 「ブラックリスト」 に載らない事です。
ブラックリストと言うのは俗称で下記の信用情報登録機関等に情報登録されることです。

ブラックリストに載る個人信用情報記録に事故情報と記載されると、
5~7年の間、ローンやクレジットが組めない、新しいカードが作れない
などの影響が出ます。


前にも書きましたが私は接待や出張でカードを使う機会も多く、新たにカードが作れなかったり、使っているクレジットカードが使えなくなるのは困ります。
同じように過払い金請求を躊躇している方は多いと思います。
まだまだ過払い金の返還請求が少ないのはこのような一因もあると思います。

過払い金請求をした場合は「 契約見直し 」などと言った情報登録をされるようです。
過払請求をしたり、過払い金を残債務に充当した等の
貸金業者から見てネガティブな行動
---→「こいつには貸せない」
となります。

金融に関する信用情報機関は数種類あり、主要なところだと次のような機関があります。

・「全国銀行協会 全国銀行個人信用情報センター(全銀協)」 ~ 銀行系

・「(株)シー・アイ・シー(CIC)」 ~ 信販・クレジットカード系

・「(株)シーシービー(CCB)」 ~ 信販・クレジットカード系と消費者金融など

・「(株)テラネット」 ~ 銀行系から消費者金融まで垣根なく
 平成21年4月1日をもって社名を変更
      ↓    ↓    ↓    
「(株)日本信用情報機構」
      ↑    ↑    ↑    
 平成21年4月1日をもって、事業を譲渡(テラネットに吸収)
・「全国信用情報センター連合会(全情連)」 ~ 消費者金融系
 
各ホームページ、目的や情報開示方法、加盟会員会社名などが詳しく掲載されています。

でも本当はブラックリストに載って新たに借入できないようにして、”現金主義が一番”なのかも。


不法行為での提訴をスタンダードにしたい!
皆に知ってもらい払いすぎを取り返して欲しい!
応援”ポチッ”×4つ、よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓

Blog Ranking

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kuripunchan.blog50.fc2.com/tb.php/8-1fd879eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Q.信用情報機関とは? A.借入れの際に行われる信用調査の資料となる信用情報を集積している機関。 個人の信用情報を扱う信用情報機関...
2008/09/16(火) 18:44:22 | 法律と法曹の取扱説明書
Q.過払金の返還を請求した場合にもブラックリストに載るのか? A.約定の借入残高があった場合,引き直し計算の結果過払金があることが...
2008/09/24(水) 01:26:00 | 法律と法曹の取扱説明書
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。