1. 無料アクセス解析

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アコムとの和解交渉で引き直し計算の間違いを指摘されました。
取引履歴を見直すと、
H13.1.27の 借入62,000円のところが返済に
H14.1.22の 借入14,000円のところが返済に
なっていました。

2ヶ所「借入」のところを「返済」として入力してしまったようです。
引き直し計算をやり直すと、訴額(過払い元金)は

1,390,341円 から 1,159,976円 となり、マイナス230,365円です。

ショック!!
86,000円の間違いが230,365円の差となって出てきました。

訴額の変更は「訴えの変更申立書」が必要です。

訴額が増える場合は、「拡大
訴額が減る場合は、減縮
と言います。

拡大の場合は、訴額によっては手数料が増え収入印紙を追加する必要があります。
収入印紙は「訴えの変更申立書」の右上あたりに貼ります。

減縮は収入印紙の追加の必要はありません。

今回は減縮(訴額が下がる)ですが、訴えの変更申立書を作成し、(別紙)引き直し計算書と一緒に裁判所に提出しなければなりません。
4社分全部か?と思いましたが、アコム分だけでOKとのこと。
第1回目口頭弁論まであと1週間です、急いで提出しましたが特に指摘されず提出できました。

「訴えの変更申立書」はコチラから


皆さんからのコメントお待ちしています。
ブログ・ランキングに参加しています。”ポチッ”と応援が多いとやる気が出ます。
Blog Ranking

借金は身を滅ぼす

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kuripunchan.blog50.fc2.com/tb.php/87-695ab7c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。