1. 無料アクセス解析

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
午前有給を取っていよいよ第1回口頭弁論です。

武富士・アコム・アイフル・プロミスまとめてです。

裁判所に少し早めについて、受付で自分の法廷を確認すると、
同じ時間に同じ法廷で他に4件の過払い金返還訴訟があります、
全部代理人なので弁護士さんなのでしょう、本人訴訟はありません。
何回か地裁に行きましたが、本人訴訟にはお目に掛かったことがありません。

「順番なのかな?」と思い法廷の前に行くと、係りのお姉さんに出席カードみたいな紙の自分の名前に○印をつけるよう指示されました。

法廷に入ると誰もおらず、初めて見る法廷はテレビドラマで見るそれと同じで一瞬引きました。

係りのお姉さんに傍聴席で待つように言われ待っていると、担当の書記官さんが黒の法衣で現れました。
私の担当さんは20代で髪は茶髪、今時の若者らしくワックスで立っています。
イイ感じで私は好きです、部下にしたいタイプです。
ですが、いつものようにフレンドリーではありません。

「武富士とアイフルの答弁書が届いていますのでお渡しします、
呼ばれたら前に出てきて下さい。」


一瞬「中央の被告席に立つのか?」と思い、「どこにですか」と聞き返すと、
「あちらの原告席です」と指差しました。

「あぁそうだ自分は原告だった」とようやく思い出しました。

武富士とアイフルは結局、当日渡しで武富士はページが多いのですがATM画面のコピーなんかが多く、適当な感じです。

そうこうする内に、バラバラと外の訴訟の弁護士さんが4人入ってきました、同時に5件を進めることをこの時理解しました。
被告は他の4件も来ていません、擬制陳述ですね。


いよいよ自分の番です。
プロに見られるのは緊張するなぁなんて思いましたが、始まると見られている事など忘れてしまいます。

裁判官 「プロミスから和解提案が出ています。どうしますか?」

 (事前に電話で和解案を領していたので)「受諾します」

裁判官 「他の3社とは和解の話はしましたか?」

 「はい、しましたが折り合いつきませんでした。」(実はアイフルとはしていません)

裁判官 「次回まで和解の話し合いをしてみて下さい。」

 「分かりました」

裁判官 「では、次回の日時を決めましょう」

と言う事で第2回目口頭弁論を約1ヵ月後の10月2日と決めただけで終わりました。
損害賠償や武富士・アイフル・アコムの答弁書には触れずじまいです。
裁判官は和解を促すような感じでした。

4社同時提訴でも4社とも擬制陳述なので出廷しません、すぐ終わります。
4社同時提訴でも全く問題ないどころか、大いに時間の節約になります。

時間はおそらく5分位、1社だけなら1分位で終わりそうです。
始まるまでの緊張感に比べると拍子抜けしました。

さっさと帰って武富士とアイフルの答弁書を読むことにします。

皆さんからのコメントお待ちしています。
ブログ・ランキングに参加しています。”ポチッ”と応援が多いとやる気が出ます。
Blog Ranking

借金は身を滅ぼす

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kuripunchan.blog50.fc2.com/tb.php/90-0372355c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。