1. 無料アクセス解析

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
貸金業規制法43条では、「一定の要件に当てはまる場合には、利息制限法の制限を超える利息を受け取っても有効」としています。

一定の要件とは、
①業者が貸金業者としての登録を受けていること
②業者が貸付を行う際に、貸金業規制法17条で定める書面を交付していること
③業者が弁済を受ける際に、貸金業規制法18条で定める書面を交付していること
④利息制限法を超える約定利息を、債務者が利息と認識した上で支払ったこと
⑤利息制限法を超える約定利息を、債務者が利息として任意に支払ったこと


みなし弁済規定が適用になるには、以下の要件がすべて満たされる必要があります。
その立証はサラ金がしなければなりません。

表は、みなみ司法書士様が運営される合同事務所債務整理・過払い請求支援サイト
から抜粋させていただきました。
1 貸金業者としての登録を受けていること。

2 貸金業者が貸付の際に、貸金業法17条に定める各記載事項をすべて記載した
  契約書を交付していること。

< 記載事項 >
①貸金業者の商号、名称、又は氏名及び住所
※貸金業者の登録番号の記載漏れがある場合は17条書面にあたらない。
                                (京都地裁昭和63年8月19日)
②契約年月日

③貸付けの金額
※借換えの場合は、現実に交付した金額のほかに従前の貸付契約の約定及び
 その残高の内訳を記載しなければ「貸付けの金額」を明らかにしたとはいえない。 
                                (札幌地裁昭和63年8月19日)
④貸付けの利率
※実質金利で記載するべきを日歩で記載しているものは17条書面にあたらない。
                                (京都地裁昭和63年8月19日)
⑤返済の方式
※返済を受ける場所の記載を欠いた書面は17条書面にあたらない。
                                (浜松簡裁昭和61年12月2日)
⑥返済期間及び返済回数              (名古屋高裁平成8年10月23日)

3 貸金業者が弁済金を受領する際に、貸金業法18条に定める受取証書を直ちに
  交付していること。

< 記載事項 >
①貸金業者の商号、名称又は氏名及び住所
②契約年月日
③貸付けの金額
④受領金額及びその利息、賠償額の予定に基づく賠償金または元本への充当額 ⑤受領年月日
※銀行振込で弁済する場合も、その都度受取証書の交付を要する。
                                 (大阪高裁平成元年3月14日)

※借主から受取証書の交付は不要であるとの申し出があった場合も、受取証書の交付を要する。                          (大阪簡裁昭和61年5月19日)

4 債務者が、約定金利による利息を「利息としての認識」で支払ったこと。

※ATMによる返済で、現金投入後に排出される書面によって始めて元金、利息、損害金の区別(各充当額)がわかる場合には、支払金について利息や損害金に充当される認識があったと認めることはできない。
                                 (東京地裁平成9年2月21日)

5 債務者が、約定金利による利息を「任意に」支払ったこと。

※詐欺、脅迫、錯誤に基づく支払や強制執行による支払いは該当しない。
※大蔵省ガイドラインに違反する取立てによる支払いは任意とはいえない。
※天引利息の支払いは任意とはいえない。
                                (東京地裁平成2年12月10日)

債務者が事実上にせよ強制を受けて利息の制限額を超える金銭の支払をした場合には、制限超過部分を自己の自由な意思によって支払ったものをいうことはできない。                     
                        (最高裁平成第二小法廷18年1月13日判決)



これ全部クリアするサラ金なんていませんね、いたらそれはサラ金じゃないです。

皆さんからのコメントお待ちしています。
ブログ・ランキングに参加しています。”ポチッ”と応援が多いとやる気が出ます。
Blog Ranking

借金は身を滅ぼす
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kuripunchan.blog50.fc2.com/tb.php/95-d789dfef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。