1. 無料アクセス解析

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「期限の利益の喪失の」この『利益』はお金のことではありません。

  • 支払期日前の請求を拒否出来る
  • 分割での支払を要求出来る
    ことです。

    では、期限の利益を『喪失』する場合とは?
  • 約定期日に返済しない場合
  • 契約条項に反した場合
  • 虚偽の契約内容で借りた事が判明した場合
  • 契約内容や信用に著しい変更が生じた場合
    などです。

    こうなって、「一括で直ぐに返済しろ」となった場合には、応じなければなりません。


    金銭消費貸借には期限の利益喪失条項があり、支払が遅延した場合に一括請求できることが書いてあります。

    ですから、借主は約定金利での利息の支払をしなければならないと思い、好むと好まざるに関わらず事実上、サラ金に強制されていることになります。

    しかし、期限の利益喪失条項があるおかげで、サラ金はみなし弁済の適用が受けられないことになり、過払い金請求が可能になっているとも言えます。

    これでいいかな?

    皆さんからのコメントお待ちしています。
    ブログ・ランキングに参加しています。”ポチッ”と応援が多いとやる気が出ます。
    Blog Ranking

    借金は身を滅ぼす
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kuripunchan.blog50.fc2.com/tb.php/96-e621461f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。